可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

自分探しラン、みたいなw

1月4日 晴れ

久しぶりに実家に帰った。

ランニングを始めてからは、初の帰省である。

 

そこで、前々から行ってみたいところがあり、地図で見たら断然、走れる距離だったので、走って行ってきた。

 

それは、1〜2歳ぐらいから小1まで住んでいた団地である。

 

私は小1の夏休みに、父が家を購入し、社宅である団地を出ることになったのだが、そのために隣の小学校に転校することになり、団地の友だちと離れるのがとても悲しくて、しばらくは夜泣き通しだった。

 

それで、同じ市内でも遠くに引っ越したという感覚だったのだが、よく考えると、引っ越しが終わっても私だけ団地の友だちの家に泊まって過ごし、最後に母が迎えに来たときは、歩いて新居に行った覚えがあり、今更ながら地図で見ると3kmと離れていないのである。

 

走って往復しても物足りないぐらいの距離だ。ちんたら写真を撮りながら走った。

 

向こうに見えるのは、昔通った中学校。

 

新しく道路ができたので、最初に通った小学校まではすぐだ。私は1年生の夏までしかいなかったが、姉からは、体育倉庫にいると閉じ込められるとか、トイレにお化けが出るとか、散々怖い話を聞かされたため、自分の中では暗いイメージがある。

 

 

通学路を通って、社宅へと向かう。半年と通わなかったが、生まれて初めての通学路であるし、柔道教室のために夜道を通って怖い思いもしていたので、よく覚えている。

 

 

私の住んでいた棟。基本的にはあの当時のままの建物だ。1年生のときは巨大な建物に見えたが、4階建てで小さく見える。

 

一人この階段に座って漫画を読んだり、このあたりに生えていたヨモギをとったりしたものだった。桑の実もあったのだが・・・

 

さて、ルートとしてはあまりに短いので、そこから引っ越した後の小学校へと向かった。

 

同級生に出くわさないかとびびりながら走った。何せ、私はあらゆる同窓会名簿で行方不明者となっているのだ(笑)。

 

小学校の同級生の実家がいくつも目に入る。初恋の人とか。

 

昔はただの風景でしかなかったこの手の建物は、今は観光資源となってきれいに保たれている。

 

で、こちらにもすぐに着いてしまった。小学生の行動範囲って、こんなものだったのか。

 

それでまたこっちの小学校に通っていたときの通学路を通って、今の実家に帰る。道は全然変わっていなかった。

 

歩道橋も、35年前のままのようだ。

 

珍しく山羊を飼っている家があった。山羊がじっとこちらを見るので、一瞬、フリーズした。

 

実家を出てから25年。変わってしまった部分も少なくないが、思っていたほど、変化のスピードは早くない。学生服を着て自転車で全力疾走通学していた自分の後ろ姿が、まだそこに見える気がした。

 

ずっと住んでいる人からすればアホみたいな話だが、自分の通ってきた道を再確認できて、縄張りをマーキングする犬みたいに何か本能的な欲求を満たした気分。天気も良く、ポカポカしてよい散歩ランであった。■