可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

年末と年度末が見えてきて忙しさが増すも、ちょこまかと合間を縫って走る

11月8日(水) 朝雨、曇り

今日は、なんだか頭がパニクって仕事も捗らなかった。年末調整をウェブ申請にするからいけない。なんでもかんでもが、同じパソコンからやってくれ、ということになると、当然、色んな仕事が干渉する。手書きなら30分で済む仕事が、パソコンでやるから何時間もかかる。

 

このところ、ランは火、木、土or日、あるいは土and日という形で週3〜4回を基本にしていたが、日曜に40km走り、月曜は走る気せず、火曜は近距離出張(横浜)ということで、2日オフが続いた。

 

家に帰って、今日は走らなくてもいいかと思っていたのが、なんだかむずむずしてきたので、軽く走りに出た。日曜の40km走で燃え尽きた感があったので、どうも日々の3、40分のランが馬鹿馬鹿しく思えてくる。

 

燃え尽きたぜ・・・・真っ白にな・・・

f:id:iranolog:20171112170533p:plain

 

(多磨墓地のベンチで休む私)

 

 

さて、40kmランから得た教訓として、30km過ぎたあたりから、単純に足をあげて前に出すための股関節の筋肉(腱?)が痛くなるということがあった。マラソンに出場する予定もないが、なんとなく弱点を克服しないと気が済まない。そうかといって、30km以上走らないと鍛えられないというのでは、あまりに非効率だ・・・自宅で起きている間中、スクワットやもも上げをするとか?

 

ま、今日は時間もないことだし、またまたasicsペースアカデミーをやってみたらいんじゃね?という安易な判断に陥った。35分で終わるコース。

 

今日のメニューは、プログレッションラン。内容は、

  • ジョギング:キロ6.5minペースで10分。
  • 適度なラン:キロ5minで10分。
  • 速めのラン:キロ4.5minで10分。
  • リカバリ:キロ12.5minで5分。

これを、ウォッチ無しのヤマ勘でやるというのも、馬鹿馬鹿しいがDIY的チャレンジの一つww。最後のリカバリはとぼとぼ歩くペースだとして、6.5min/kmと5min/kmを区別して走るのはなかなか難しい。

Runkeeperの計測結果:

f:id:iranolog:20171108233458p:plain

信号があるから精確なペースとは言えないが、最初の10分はまあまあメニュー通りだったと思う。つぎの10分は張り切りすぎてキロ5minより早すぎ、その次の10分はまあまあメニュー通り。最後の5分は家に帰りたいからとぼとぼ歩くわけにも行かないのでジョグ。 

 

計測を停止したら、6.66kmだった。ふ、不吉な・・・(スタート地点もゴール地点も自宅ではありません。念のため)

 

 

その後、家の近くまで再計測して計ったが、0.6km・・・やけに6が出る日だ。

 

タイムはどうでもいいとして、4.5min/kmで走ったとき、あと帰り道にウインドスプリント風にダッシュしたとき、スマホを入れたベルト型ポーチがゆるくて、スマホを入れた部分がどうしても左にずれてくる。つまり姿勢がアンバランスということだろうか。一つ課題発見。

 

今日は、意外と暖かいかな、と思って半袖短パンで走りに出たのだが、最初のジョグでは体が温まらないので寒く、次のランでは、手が冷たくてかじかんでしまった。単にスピードを上げるだけでも、風で奪われる熱に相当の違いがあるようだ。次からは手袋をして走ろう。

 

走れば走るほど、奥が深くなる、というか、ウェアや装備にうるさくなってしまう。初心に還らないと。

 

11月9日(木) 晴れ

今日は休足日。ミーティングがあり、帰宅もちょっと遅くなったので、早く寝た。

 

11月10日(金) 晴れ

今日は晴れの予報だったが、思ったほど暖かくなく、走るのが何となく億劫だったが、明日は研究会で走れないだろうと思い、20時頃走りに出た。

 

長袖シャツ、サポタイ、短パン、腹巻き、グローブ・・・グローブは洗わなかったが、洗濯物が増えるなあ。

 

できればサポタイの上に短パンは履かないで走りたいのだが、日本では重ね着をするのが圧倒的に多数派だ。

ランニング タイツの上に短パン - Google 検索

 

実際の競技では、陸上にしろ、スピードスケートにしろ、自転車にしろ、ボートにしろ、スパッツのようなウェアだけでやっている。なのになぜ一般ランナーが街を走るときは抵抗があるのか?こういうのって不経済ではないか?正直、見た目にもタイツだけの方がずっとスポーティーに見えると思うのだが。

 

ウェアメーカーにはタイツだけで走る写真をもっと使って啓蒙していただきたい。体のラインが見えるからこそ、鍛えないといけないという気持ちも高まるのではないか。

 

ま、寒いから短パンだけで走れなくなったのと、洗濯(基本、ウェアは手洗い)が面倒だからぐだぐだ言ってるだけですけどねw

 

着替えや準備に時間がかかる季節になってきた。たかだか40分のランのためだと思うと、時間的にも非効率だ。帰宅ランにすればよかったかな〜などと思いながら、これからのランニングをどうするか考える。(目的見失ってます)

 

 

 11月11日(土) 晴れ

今日は研究会のために昼前に家を出た。朝方は雨が降っていたが、日中は歩くだけで汗をかくような天気。研究会の後は、懇親会。久しぶりに古い仲間が参加して、楽しかった。

 

11月12日(日) 晴れ

色々と立て込んでいるが、昼間のちょっとした時間を利用して2時間ほど走る。2時間ということはハーフマラソンコースか。

 

今日も良い天気だ。風が強いかと思って↓のジャケットを着ていったが、日なたを走ると暑いのですぐ脱いだ。 

 

 

 

この時期、空気も澄んで、草刈りもされている野川は、午後の日差しがあたるとなんともいえない牧歌的な雰囲気がある。ランニングはもちろん、散歩、バーベキュー、ぼけーっと佇む、全ての余暇に最適なひとときだ。スマホ写真では伝わらないか・・・

 

喜多見ふれあい公園でトイレ&給水して折り返し。

 

この写真ではよくわからないが、武蔵野公園のバーベキュー広場近辺は、紅葉も始まってきれいだ。

 

 

スタート地点の多磨霊園表門に到着。娘との約束通り2時間のランになった。

 

 

コンビニでオレンジジュースとドーナツを買って帰った。いよいよ深まる秋。食欲が爆発的に増加中。特に、米と麺ととんこつとから揚げに対する欲求が、夏の3倍ぐらいになっている。体がカーボローディング、ファットローディングを欲している。この自然な(?)欲求に、従うべきか、従わざるべきか・・・■