可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

雨の白昼夢、帰宅ラン試行5回目

10月25日(水) 雨のち曇り

台風の後の穏やかな気候がしばらく続いてくれるかと思ったら・・・また雨かい!!

 

あのさわやかな秋晴れはどこ行ったんだ!?

 

ムカつきながら寒いお昼ご飯を食べた後、眠くなってウトウトしていたらこんな夢を見た。

 

晴美「もう、行くね・・・」

私「え?まだ来たばっかりじゃん?どこ行くの?」

晴美「だって、夏子ももう行っちゃったし。秋子と一緒じゃ、つまんないんだよね。次に来る冬美とか、嫌いだし」

私「秋子にこそお前が必要なんだよ、晴美!お前がいないと寒くて・・」

晴美「何よ、散々『シャワー浴びたい』とか、『もっと濡れてる方がいい』とか言ってたくせに!もう知らない!!」

〜ドアの閉まる音〜

私「・・・ま、またすぐ戻ってくんだろ」(ポリポリ)

 

昨日走っといて良かった。ま、月曜火曜と走ったから、今日はいいや、と思って家に帰ったら、雨が止んだっぽい。過剰暖房の中央線で火照った体がうずく。

 

ガチャ(鍵を開ける音)

晴美「ただいま」

私「は、っ晴美!?ちょ、ちょっとまって、」

晴美「え?何?誰かいるの!?」

私「いや、そうじゃなくて、」ガサゴソ

晴美「何このDVD。あおいそら?ハァ?・・・私がいないときこんなので代用してるわけ?」

私「だ、だって、空は蒼い方が・・・」

 

終わりが見えなくなってきたので以上。

 

なんだか梅雨みたいな天気が続くが、お天道様が間違えてこの後に夏がきたらすごく嬉しい。

 

10月26日 晴れ

今日は良い天気だ。もう朝から帰宅ランしたくなるような予感がしていた。

 

しかし、ミーティングの準備のために寝不足である。今週は、何かと睡眠を削ることが多く、連日4時間ぐらいしか寝ていない。ひたすら眠い。

 

幸い、朝は武蔵小金井発の中央線に乗れたので、空いていた。特にストレスもなく。

 

そして午後のミーティングが終わり、帰宅モードに。帰宅ラン試行5度目である。ベストなやり方が見つからず、定着しないので、いつまでも試行である。

 

前回は、なんだかんだ言って初めからランシューで行ったので、軽めの荷物で済んだが、ダウンジャケットが嵩張ったのが走りにくさの原因だった。

 

しかし、ランシューで帰ると、次の日ランシューで通勤することになり、カジュアルだからそんなに変でもないのだが、なんとなく、気の迷いで、ウォーキングシューズを履いて電車に乗り、履き替えて走るという選択をした。ウォーキングシューズなら軽いし、今日はダウンジャケットじゃなくてペラペラのブルゾン(?)なので、そんなに嵩張らないだろうと予想して。これが第一の失敗。

 

あと、着替える時間がまどろっこしいので、あらかじめサポタイと短パンとTシャツを仕込み、靴下もランニング用に替えて、その上に洋服を着て職場を出た。こうしておけば、あとは上着とズボンを脱いで靴を変えるだけで走り出せる。

 

M駅について、駅前のベンチでさあ脱ぐぞ、と思ったら、そこにベンチめがけて歩いてきたおばあちゃん二人組が。「疲れたから座りたい」と顔に書いてあったので、当然譲った。それで、着替えるタイミングを逸してしまった。その場でササッと脱げば済む話なのだが、人が多いし、脱いだものをたたんでリュックにしまうには、ベンチが欲しい。結局、適当な脱ぎスポットを探しながら歩き始めたのだが・・・

 

三鷹市って、公園が異常に少ないのである。

 

 

 

 大学キャンパスとか、天文台とか、結構「森」はあるのだが、府中や小金井と比べると、勝手に出入りできるような公園がホントに少ない。ちょっと路地に入って着替えようかと思うのだが、下に短パンをはいているといっても、ズボンを脱いでいるところに女性でもきたら、通報されかねないではないか。駅で脱がなかったことが悔やまれる。

 

やっとこさ住宅街の中の公園のベンチにたどりつくまで、時間と距離を無駄にしてしまった。これが第二の失敗。

 

で、服を脱いでリュックに入れたら、今日は薄い服を3枚重ね着していたのだが、意外と嵩張る。それでほぼ一杯になってしまった。そこに、ウォーキングシューズを押し込む。シューズ自体は軽いから重さは大したことないのだが、嵩張り具合は前回よりも酷くなってしまった。

 

何はともあれ、走り出すとそれはそれで気持ちいい。今日はそれほど寒くないので上は半袖で十分だ。

 

今日は広い道を走りたかったので、まっすぐ南下して東八道路まで行き、それから多磨方面へ。ここは歩道がフラットになっているので走りやすい。しかし、広い道は広い道で、自転車と干渉することが多い。それから、武蔵境通りとの交差点、天文台通りとの交差点の信号が長い。半袖なので、待っている間に体が冷えてしまう。

 

仮に帰宅ランを週2回とか、定期的にやるようになったとして、中央線の場合、武蔵境、三鷹、吉祥寺、どこで降りても、途中からは人見街道東八道路に入って同じルートになる。これは飽きる。定期区間以外で降りれば電車賃が余計にかかるので、あとは遠回りするしかない。

 

今日は走り足りないので、途中で野川公園に入って回り道した。20時ぐらいだと、園内は街灯がついていてそんなに暗くもなく、犬の散歩やジョギングの人、健康器具のところにもなんかやっている人などがいる。

 

 

それでも7.53kmしかない。家に着いて、あばれはっちゃくみたいにカバンだけ置いてまだ走りに行きたい気分だったが、まだ明日の仕事があるし、余力を残して終了。休日は気楽に手ぶらで走ることにしよう。■