可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

雨のバカバカバカバカバカ〜!!走れん!

 

10月17日(火) 雨、夕方から晴れ

帰宅後ラン。

 

半袖短パンだと、走り出しは寒い。寒いのでペースも上がる。

 

人見街道から府中の森公園に入り、2周ぐらいしてやっと汗が流れるほどだ。つい1ヶ月前は、あんなに暖かかったのに・・・

 

今日、首からネックライトを下げたランナー(女性)を初めて見た。

 

パナソニック LEDネックライト ターコイズブルー BF-AF10P-G

パナソニック LEDネックライト ターコイズブルー BF-AF10P-G

 

 

アマゾンのレビューでは、走ると弾んで胸に当たるのでランニング向けではないという意見が多いが、クリップでシャツに固定するとかすれば、暗がりの水たまりや犬の糞を踏んでしまうということも避けられそうだ。見た目がアレなので、個人的には、足の甲にくっつけて足元だけ照らしてくれるライトがあればいいなあと思っているが・・・ 

 

(ナイトランナー270)Night Runner 270 Shoe Lights NR270

(ナイトランナー270)Night Runner 270 Shoe Lights NR270

 

 高い。

 

というか、ネックライトを靴紐に差し込んで使えないだろうか。

 

 

 

10月18日(水) 晴れ

 

今日は久しぶりの晴れで、朝は暖かかったが、職場は昨日と同じ保冷庫状態。プレハブなので断熱性が殆どなく、寒い。日が暮れたらさっさと帰るべし。

 

昨日走ったので今日は走らず。書くこともない。

 

 

さて、今更ながら、EPSONWristableGPS新シリーズのモニターは落選したようだ。

 

ま、私の場合、インスタもツイッターもそういう風に使ってないからしょうがないか。しかし、どんな人が当たったのかな。さぞかしフォロワーの多い人が当たったのかな、と思って探してみた。ハッシュタグ「#すごいぞエプソン見えるぞエプソン」で当たった人が見つかる。

 

そこそこ有名なブロガーとか、モデルみたいな人とか、いるのだが、ツイートや投稿の内容は、なんだかなあ、というものばっかりですねww

 

エプソン指定のハッシュタグを付けてるんだから、ステマみたいにやるのは無理。誰がどう見ても、商品もらったから義務感で書いているということは分かる。

 

だったら、せめて見た人が買いたくなるような投稿じゃないと、意味ないですよ。そういうのは、私みたいな、調べて書くがモットーの研究者、研究費獲得のためにロックンロール・スピリットも捨てて文科省文学(申請書報告書の文体)を操る政府の犬、不味いものを旨いと言い張り、ブサイクを褒め倒してその気にさせることのできる面の皮の持ち主が得意とするところ。

 

私にくれれば、ユーザー倍増に寄与できたのに、エプソンのバカバカバカバカバカ〜!!いけず〜!!もう不貞寝してやるう〜!!

(文才が全く感じられない文章でスミマセン。)

 

それはさておき、当たらなかったら自分で買おうかと検討していたのだが、まだ渋っている私(笑)。

 

私は、そこそこの値段のものを買うときは相当に下調べをして、どこかの芸人が言っていたように、お店で見てもすぐ買わずに、3回見に行って、それでもどうしても欲しかったら3回目に買え、というのが、ドケチな清貧だが品のある学者のモットーである。

 

無論、最近はネットで買うことが多いから、Amazonのカートに入れて、3回レジに進み、ログインし、「注文を確定する」ボタンを押しそうになってはまた最初に戻り、時には確定したあとにキャンセルしたりして、やっと買うのである。その間に、何度も他の商品と比較したり、費用対効果を試算したりするのは言うまでもない。この手のものは値引きが殆どないので、Amazonでは買わないが。

 

結果として、まだ買わないでいる。

 

ランニングウォッチというと、GPSウォッチが流行っているような印象があるが、トラックで短距離や中距離の練習をする人とか、いつも同じコースで走るような人にはあまりアピールしないだろうし、カシオのもっと安くてストップウォッチ機能の充実した時計のほうが重宝するだろう。

 

GPSでログを取りたいというのは、いつも違う道を走るとか、知らない道を走るときではないか。無論、距離を測るだけなら後からGoogleマップで調べられる。不規則なルートとラップを紐付けしたい、心拍計がついていればそれも紐付けできる、というのがGPSウォッチの一番の購入動機ではないだろうか。そうでなければ、ちょくちょく充電しないといけない腕時計なんて・・・

 

エプソンのモニターの義務は、詳しくは忘れたが、たしか応募時に書いてあったことは、エプソンの指示に基づき何回か投稿するという程度だったと思う。なので、今後、どういう投稿が出てくるか分からないが、今のところ、この機能をフルに使ってどれだけタイムが伸びたかとか、そういうエビデンスと論証による説得力を旨とした投稿を書きそうな人は見当たらないし、買いたいと思わせるようなレビューもない。いくらインスタのユーザー数が多いといっても、「すごい」「ヤバイ」しか語彙がなかったら、一般にアピールするはずがないではないか。

 

誰にも言わないから内緒で僕にください。

 

10月19日(木) 雨

いつまで降るの。

お前バカだろ。

 

10月20日(金) 雨

また雨。空気読めよ。

 

長雨で週末の色んな行事が流れていく。

 

 

今日はイベントにつき、その後懇親会。関西からツッコミ文化が大量入荷され、盛り上がる盛り上がる。

 

例によって、終電ギリギリ、というか西武線は終わってるので歩いて帰った。安全な道を選んで、5.2km。

 

いま思えば、このとき小雨だから走れる準備をして行けば良かったんだ・・・

 

飲んだ後でも走って帰ったことは、何度かあるし。走れるとき走っとかないと、ストレスが溜まるww

 

10月21日(土) 雨

 

秋雨君、いい加減にしなさい(上方漫才風)

 

さすがに4日走らないと、足が鈍って、走り始めたらまた初心者状態になってランナー膝からやり直しになるのではという恐れがある。晴れとった水曜と、小雨だった昨晩、走らなかったことが悔やまれる。

 

今日は朝ならまだ走れる雨量だったのだが、諸事情から、午後3時過ぎに始動。ストレッチ。

 

去年の今頃は雨の日にユニクロのブロックテックパーカーを着て走ってみたら、サウナスーツなみに汗で大変なことになった(あれは手で洗うのが大変だ)。ということで、ちょっと寒そうではあるが、アディダスのSNOVAのジャケット(防風機能はない)を着て、出かけようと思ったが、ドアを開けてみたところ、意外とザーザー降っていたので怖じ気づいてやめた(笑)

 

去年の今頃ならまだ雨でも走ってた気がするが・・・着込んで走れば洗濯が大変だし(家の中は干してある洗濯物だらけだ)、薄着だと風邪引きそうな寒さ。

 

滅入る。色んなウェアを揃えるための研究費の申請を考えないと。テーマは「イランにおける文学の研究」、イラン・・・Iran・・・I, ran・・・なんちゃって。似たような洒落を考える人はいるもので。

www.iruniran.com

 

 

録画してあったドラマ『陸王』の初回を観た。なかなか面白そうなストーリーで、役所広司ほかキャストもイイ。

 

しかし、底の厚いシューズが怪我の原因だというマクドゥーガル的説明には、ちょっと違和感を感じた。あの説明だと、厚底だからかかと着地になる、薄底だからミッドフット着地になる、というような言い方だったが、本来は因果関係が逆だろう。

この話↓だって、結局シューズを履いていた人が優勝したんじゃなかったっけか?

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"

 

 

もちろん、厚底だからそれに頼ってかかと着地の癖が出てしまう、という現状はある。だからといって、足袋のような薄底にすれば自然とミッドフット着地になる訳ではない。足袋のようなシューズ「陸王」を売るためには、シューズの「使用法」として走り方を意識的に変えることもセットにして売らなければならない。そうでなければ、別の怪我の原因になりかねないからだ。

 

ドラマのように、矯正用として売り出すというのは、確かにありかもしれないが、厚底シューズが怪我の原因かというと、私はそうは思わない。もしそうだったなら大迫選手はもう引退しているはずだ。

 

寧ろジョギング用シューズとか、ウォーキングシューズを3Eとか4Eにするのはやめてくれと思う。足の前部が滑るので黒爪になりそうで怖い。