可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

8月走行距離、久々の涼しい夜ラン

8月30日(水) 曇りときどき晴れ

今日は家庭の用事のため年休をとった。午前中、時間があったので走る。

 

曇っているかと思って走り出したが、意外と日が照っていて、バテて歩いたり。

 

平日だというのに、すれ違うのはおじさんばかり。水曜休みということは、不動産業か何か?案外、同業者だったりして。

 

野川では業者が草刈りをしていた。

 

散々なタイムではあるが、帰宅してからの水浴びと冷たいデザートが至福のひとときであった。

 

 

 

8月31日(木)

やはり膝の違和感(ちょっと痛い)が残っているので、今日は走らず。

 

8月の月間走行距離は、125.68kmだった(Runkeeperによる計測)。1回1回の距離がもっと長く走れるようになりたいとは思うが、これ以上やると本業に差し支える。健康と体力の維持にはこれぐらいで十分ではないだろうか。

 

9月1日(金) 曇りのち雨

今日は、前々から興味があった帰宅ランなるものを試してみようと、朝、マナバウンスSPDと着替えをリュックに詰めて出かけたのだった。

 

なぜ帰宅ランを考えたかというと、一つの理由は、最近、帰宅してからすぐ走りに出かけられないことがあるということ。最近、子どもが夕食の準備をすることが多いのだが、子どもたちも色々と忙しいので、私が帰ってもまだ準備できていないときなどは、それを見捨てて走りに行くわけにもいかない。結局、一緒にご飯を食べて、走らずに寝てしまうことがある。

 

もう一つの理由は、もともと通勤電車が好きではないということだ。高校時代も満員電車が嫌で自転車通学していたし、大学に入ってもできるだけ大学の近くに住んで、徒歩や自転車で通っていたのだが、さすがに今は職場の近くに引っ越すほど身軽ではないので、1時間ちょっとかけて通勤している。

 

中央線は乗客もギスギスしていて、毎日のように身の危険を感じる。空いている電車も好きではない。電車でスマホをずっと見ているのは性に合わないので、本を読むしかすることがないが、快適な読書空間とは言えない。あれだけのスピードで走って、急停車することもしばしばであるのに、他の乗り物のような乗車時の安全規制を適用しようとしない鉄道会社にも不満がある。

 

そんなわけで、もし帰宅ランを本格的に導入すれば、少なくとも帰りぐらいは、電車に乗る時間を減らせるのではないか。そして通勤時間とランニングの時間をダブらせることができるので一石二鳥ではないか、と考えたわけである。

 

とはいえ、帰宅ランを本格的に導入するには、ちょっと不安もある。

 

そこで、今日は手持ちの装備で、距離は三鷹から自宅までの6.4kmぐらいで試してみることにした。

 

しかし、どういうわけか今日は涼しい。夕方などは少し肌寒いぐらい。膝が冷えて痛めやすいのではないかと少し不安になる。

 

17時すぎ、職場を出る。ここで、なんと雨が降り出す。これで一気に心が萎える。

 

それから、カバンの重さ。私は普段からいろんなものを持ち歩くタイプなので、通常でもリュックは4kgぐらい。朝はこれに弁当とサーモスの水筒が入り、さらに時々MacBookAirが入る。靴と着替えをリュックに入れると、さすがにパンパンになる。夏だからいいが、着替えがかさばる冬はこのリュックでは無理だろう。

 

普段はこれを背負って歩くのはなんともないが、今日は走るぞ、と意識しながら歩いていると、膝から不安な声が聞こえてくる。

 

左膝「まだ少し痛いんですけど・・・」

 

右膝「これで走るの、マジで?走ると体重の3倍の衝撃かかるんだよ?5kgの荷物なら15kg増だよ?膝壊す気?」

 

はあ・・・

 

とりあえず中央線に乗り込み、荻窪で外を眺めると、雨は降っていない様子。しかし三鷹で降りると、やっぱり降ってきた。

 

武蔵境とか東小金井から自宅までは歩いたことがあるが、三鷹からは初めて。しかも雨。薄暗い。荷物重い。

 

今日はやめよう(笑)。

 

じゃあ、またの機会にやるのか、といったら、なんだかそこまでして帰宅ランをする必要があるのか、わからなくなってきた。通勤ランナーのサラリーマンの方々は、カバンにほとんど仕事道具を入れないようだが、私はどうしても本や手帳やメモ帳などの紙類を持ち歩くので、荷物の軽量化が難しい。リュックが汗でダメになることや、いろんなことを考えると、残業族でもないし、やっぱり帰ってから走れば?という声が聞こえてくる。

 

腹の立つことに、多磨に着いたら雨は止んでいた。帰宅ランをするようになると、こういう気まぐれな天気に対しても腹が立つようになるのかな。

 

さて、帰宅したら、娘が食事の用意をしてくれていたが、揚げ物がまだだった。揚げ物をさっさと作ってあとは盛り付けるだけの状態にして、走りに行った。

 

夜走るのは土曜日以来だ。府中の森公園まで行って、2周して帰ってきた。

 

気温が低く涼しいからか、重い荷物を理由に帰宅ランを止めた負い目からか、体の軽さが全然違う。この感じは、8月2日以来、約1ヶ月ぶりではないか。膝が痛くなってきたので短めにしたが、最後まで気持ちよく走ることができた。

 

 

 

しかし、靴がへたってきたせいか(今日で636km)、暗いこともあって、歩道の段差につまずきそうで怖い。そろそろ次のシューズを用意しないといけない。