可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

asicsのランニングキャップで走ってみた

8月6日(日) 晴れ

午前中、ケーヨーデイツーに行き、生活用品などを買って、近くのすき家で念願の「うな牛」というやつを食ってみた。しじみ汁が付いているので、スタミナ回復にはちょうどいい。

 

そして午後。

 

今日は走らないぞ。今日は走らないぞ。今日は走らないぞ。走るとしても、夜、30分だけにしろよ・・・

 

と、そわそわしている自分に言い聞かせてはいたものの・・・

 

暑い!

 

Yahoo!の天気予報アプリだと昼過ぎから雨マークなのに、全くその気配がない!なんなんだこの予報は。

 

外が暑い!家の中にいても暑い!

 

なら外に出たほうが楽しいよね♡

 

私は家に一人でいるときは、エアコンは付けない。あれは健康にまったくいいところがない。自然の風を浴びたい。

 

というか、予想外にも、昨日ポチったランニングキャップが昼過ぎに届いたのだ。 

Amazonの4日間限定500円クーポン(明日まで!)で安く買えた。

 

見ての通り、メッシュなので透けて見える。

 

被ってみると、やはり野球帽と違って、浅い。ランニング以外ではちょっとかぶれないかな。でもランニング用としては悪くない。

 

というわけで、せっかく帽子が届いたから、まだ日が出ているうちに走ってみたくなったのだ。

 

せめて昨日と同じ時間帯は避けようと、16時過ぎまでなんとか我慢する。

 

15時台と16時台では、涼しさが大分違う。16時台は日差しが斜めになってきて、日陰も多く、風も少しある。

あの雲が、シャワーをくれるかも知れないと期待しながら、ちょっとだけ走るつもりが、小金井公園まで北上してみたくなった。

 

多磨方面から小金井方面に行くには、東西に続くハケの道からどこかで坂を登らないといけない。みはらし坂は、坂ダッシュに最適の坂だ。今日はダッシュしないけど。

 

あと、この西側にはムジナ坂という雰囲気のある階段がある。蚊が多そうなので今日はパス。

 

みはらし坂を登ると、こんなご褒美が。

 

しかし、小金井公園までの道は単調でキツイ。途中で引き返したくなったが、公園で冷たいジュースでも飲もうという目標を設定して走る。

 

小金井公園の北側の遊歩道。ランニングには最適の日陰コース。

 

結局、たいして休憩もせず、水だけ買って帰路につく。

 

いつもの野川に帰ってきた。東のほうに入道雲が見える。武蔵野のいい風景だ。

結局、雨はふらずにラン終了。

 

そもそもゆっくり走っていたが、途中で歩いたりしたのでこの時間。単純に三倍すると、フルマラソン4時間ぐらいはいけるか?

 

走り終わって気づくのだが、長時間(←自分にしては)走ると、骨盤が後傾になってしまっている。普段、椅子に座っているときにも、一時間も良い姿勢が保てずにふんぞり返ってしまうから、4時間も走るとなると、姿勢を保つだけでも大変ではないか。

 

それにしても走ったあとの冷たいジュースや牛乳やアイスのうまいこと。牛乳が甘く感じる。運動は最大の甘味料だな〜。

 

さて、肝心のキャップだが、サンバイザーより締め付けがないので楽だ。脱いでもすぐ被れるし。

 

サンバイザーの場合は、バイザーより下のおでこから流れる汗が垂れてくるので結局タオルで拭かないといけなかったが、このキャップだと額からの汗は流れてこない。

 

このメッシュは、写真で見ると目の粗いメッシュだけが見えるが、内側により細かいメッシュがついて二層構造になっており、厚みがある。ツバの下側にもこのメッシュが付いているのだが、単に通気性が良いだけでなく、汗を吸いこむ性質もあるようだ。

 

かといって、頭に水をかけると、ちゃんと中に通り抜けるので、通気性も悪くないと思われる。多分、吸い込まれた汗がメッシュをつたってツバの先のほうに移動するようになっているのではないだろうか。

 

これから暑い日と雨の日の必需品になりそうである。