可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

懲りずに炎天下を走る

7月17日(月祝)晴れ 猛暑 

日曜はそんなわけで後味の悪いランだったが、祝日の17日(月)、懲りずにJuly 10K Challengeに挑戦である。

 

Runkeeperのこの手のチャレンジは、参加したからといって特によいことがあるわけでもなく、Runkeeper Storeのディスカウントがもらえるだけである。今回は、Sunski サングラスまたはアームバンドが20パーセントオフになる。

 

といっても、アメリカのショップなので、日本への送料がいくらかかるかは分からない(料金表とかもないので、注文してみないと分からない)。だから買わない。このあたり、RunkeeperはASICS傘下になったといっても、USベースでの話で、日本国内ではアシックスとは殆ど連携できていないし、Runkeeperのサイトも殆ど日本語化していない。アシックスにも独自のMy ASICSというアプリ&サイトがあるので競合してしまうのだろう。

 

さて、今日はRunkeeperのオートポーズをオフにしたので、特にトラブルもなく計測できたが、訳あって10時過ぎのスタートとなったため、暑い!!YURENIKUI PROに半分凍らせた水のペットボトルを積んで、塩分チャージタブレットも念のため3個ぐらい持って行ったが、途中で何度も歩いてしまったし、10km達成したらもうバテバテで日陰に逃げ込んで歩き、ポカリスエットを一気飲みして水飲み場で頭や体に水をぶっかけた。

 

このクソ暑い中を走っている人もたくさんいたが、殆どはおじいちゃんである。大丈夫か。お年寄りは暑さを感じにくいため、普通の人より無理をしてしまい、熱が体にこもって数日後に熱中症になるケースがあるというが・・・

 

お年寄り以外で走っているのは、マジなランナーが多く、女性は殆どいない。男でも(見た目からして)ダイエット目的みたいな人はもうみんな歩いている。

 

ところで、自分でルートを修正したからダメだろうと思っていたGlobal 5Kだが、一応結果が出た。

f:id:iranolog:20170719223922p:plain

 

13万4109人中、2万2917番。1km5分を切れていないので不本意なタイムだが、手動で修正してもいいのなら、もっと速く走ったことにできたのに・・・反則とかチェックしてないのか?

 

7月19日(水) 晴れ 昼間一時雨

今日は気温はまだ高いが、少し風が涼しかった。府中の森を3周しようかと思ったが、風が止むと蒸し暑いわ、日没直後で口の中に虫が入ってくるわで、1周半で帰路につく。Runkeeperのオートポーズをオフにしているので、信号でできるだけ止まらないよう、赤信号に捕まったら右か左へ曲がって走り続けるという罰ゲームを自分に課してみた。結果、回り道になって少し距離が稼げた。