可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

YURENIKUI PROのおまけキャップと涙のお別れ

7月23日(日) 曇り一時雨、一時晴れ

今日は曇っていて風もあり、気温は30度ぐらいあるが、少し涼しいので午前中走った。前回はJogNoteを使ってみたが、やはりRunkeeperに戻す。ずっと前もそうだったが、JogNoteアプリを入れていると、起動していなくても電池消費の警告が出る。なのでアンインストールした。

 

人見街道から野川を下っていく。やはりこのところのうだるような暑さの中を走るのとは違い、久しぶりに気持ちよくリズムに乗れた。

 

今日は気分を変えて、品川街道から野川を逸れて調布の街中を走り、また野川に戻って帰宅。

 

10kmは走るつもりでいたので、自宅にあったペットボトルに水をいれてYURENIKUI PROに装着して走った。ペットボトルには、あのオマケのクイックキャップをつけて。

 

このキャップにはさらにフタがついていて、走るときは外したまま使うのだが、このフタも一応YURENIKUIのポケットに入れておくと、いざというとき役立つかも知れない。

 

以前コンビニで水を買ったとき、このクイックキャップに付け替えるつもりで、元のキャップをゴミ箱に入れ、いざクイックキャップを着けようとしたところ、大きさが合わないということに気付いた。サントリー南アルプスの天然水は、ボトルの口径が大きめになっているのである。キャップは既にゴミ箱の中。口のあいた水をもって、口の開いたオジサンが呆然とする。

 

そのとき、クイックキャップのフタが天然水の口にすっぽりはまることが判明して事なきを得たのだった。

 

さて、今日は走り出してしばらくしてから、まずこのフタをどこかに落としたことに気付いた。

 

それから、水を飲み干してボトルを捨てるとき、クイックキャップをいつものようにYURENIKUIのボトルホルダーの右側のパワーメッシュポケットに突っ込んだつもりだったのだが、帰宅後に見たら、なくなっていた。奥まで突っ込まないで上の方に入っていたのが、新しいボトルを抜き差ししているうちに落ちてしまったらしい。

 

百均でほぼ同じようなものを見たことがあるし、YURENIKUIのお店でも売っているので、

www.shop-rws.jp

 

それほどショックは大きくないのだが、今日走ったコースのどこかに私のキャップが転がっているかと思うと、私は落とし物をするということが非常に嫌なので、悲しい。

 

そういえば、走っているときは自宅の鍵の存在を忘れてしまう。ドアの前で、がすぐに見つからないとき、もしかしてどこかに落としたのではと焦ることがある。鍵はランニング中に出し入れする小銭やスマホやハンカチとは別のところに入れておかないと、知らないうちに落としかねない。

 

今までも、ポケットに入れていたはずのゼリーのカラやプラゴミ類が、気付いたらなくなっていたことがある。結果として、路上にゴミを捨てながら走ったことになる。アブナイアブナイ。

 

 

昼は息子と担々麺を食べた。なぜかピンぼけしておる。

アベフトシ☆フォーエバー


Thee Michelle Gun Elephant - (Live) Get Up Lucy

 


Thee Michelle Gun Elephant - (Live) The Birdmen

 


(Reupload) Thee Michelle Gun Elephant - (Live) Out Blues

 


Thee Michelle Gun Elephant - (Live) Deadman's Galaxy Days

 


世界の終わり / thee michelle gun elephant

 

 

7月21日(金) 

 

今日は久しぶりにJogNoteアプリで計測してみることにした。

 

 

スタートは夕暮れの18:43。まだ明るい。

 

府中の森まで走って、2周ほどして帰るときにはほぼ暗くなっていた。

 

アプリを止めるとき、単に画面にタッチすればよいのだということが分からず、しばらく往生した。ルートの記録については、Runkeeperよりいい加減な感じ。後から修正もできないようだ。これがGPSウォッチだとより精確になる、のだろうか?

 

知らない間にエプソンの新機種が幾つか出た(出る)ようだ。

www.epson.jp

 

 

ランニングによって体年齢は31まで若返った(?)のだが、味覚も若い頃に近づいているような気がする。というのは、5、6月ぐらいから、それまで旨いと思えた食べ物が旨くなくなり、今、あまり食べたいものがなくなってしまった。単なる夏バテかも知れないが。

 

具体的には、あれほど毎日飲んでいた日本酒や焼酎があまり美味しく感じられない。博多天神や哲麺が美味しく感じられず、替え玉まで食べると気持ち悪くなる(笑)。また、揚げ物や油の多いものが、酒を飲み過ぎていたころは大好物だったのに、最近は気持ち悪くなってきた。これはむしろ20代の頃の自分の味覚に近い。

 

30代後半で少しずつお腹が出てきたとき、それまでそれほど好物ではなかった日本酒が沢山飲めるようになったり、麺類とご飯といった炭水化物の違う種類の主食の組み合わせ(若いときは気持ち悪かった)が平気になったりといった変化を感じたので不思議だったのを覚えているが、今、その変化の前に味覚が戻ったような気がしている。

 

これはランニングの継続と晩酌を控えめにしたことに起因する体質の変化から来るものなのか、腸内環境が原因なのか、季節的なものなのか、甘いものを取りすぎているのか、実は何か病気が原因なのか、分からないが、いずれにせよ、太っていくときや痩せていくとき、味覚も並行して変化しているということが、はっきりと感じられるのが面白い。それも、味覚の変化が体型の変化の原因ではなくて、むしろ体質改善の結果として起こっているように見えることは、なんとなく唯物論的で興味深い。