可能なるチャランポラン

ワーク・ライフ・とんこつバランスの追求

自分探しラン、みたいなw

1月4日 晴れ

久しぶりに実家に帰った。

ランニングを始めてからは、初の帰省である。

 

そこで、前々から行ってみたいところがあり、地図で見たら断然、走れる距離だったので、走って行ってきた。

 

それは、1〜2歳ぐらいから小1まで住んでいた団地である。

 

私は小1の夏休みに、父が家を購入し、社宅である団地を出ることになったのだが、そのために隣の小学校に転校することになり、団地の友だちと離れるのがとても悲しくて、しばらくは夜泣き通しだった。

 

それで、同じ市内でも遠くに引っ越したという感覚だったのだが、よく考えると、引っ越しが終わっても私だけ団地の友だちの家に泊まって過ごし、最後に母が迎えに来たときは、歩いて新居に行った覚えがあり、今更ながら地図で見ると3kmと離れていないのである。

 

走って往復しても物足りないぐらいの距離だ。ちんたら写真を撮りながら走った。

 

向こうに見えるのは、昔通った中学校。

 

新しく道路ができたので、最初に通った小学校まではすぐだ。私は1年生の夏までしかいなかったが、姉からは、体育倉庫にいると閉じ込められるとか、トイレにお化けが出るとか、散々怖い話を聞かされたため、自分の中では暗いイメージがある。

 

 

通学路を通って、社宅へと向かう。半年と通わなかったが、生まれて初めての通学路であるし、柔道教室のために夜道を通って怖い思いもしていたので、よく覚えている。

 

 

私の住んでいた棟。基本的にはあの当時のままの建物だ。1年生のときは巨大な建物に見えたが、4階建てで小さく見える。

 

一人この階段に座って漫画を読んだり、このあたりに生えていたヨモギをとったりしたものだった。桑の実もあったのだが・・・

 

さて、ルートとしてはあまりに短いので、そこから引っ越した後の小学校へと向かった。

 

同級生に出くわさないかとびびりながら走った。何せ、私はあらゆる同窓会名簿で行方不明者となっているのだ(笑)。

 

小学校の同級生の実家がいくつも目に入る。初恋の人とか。

 

昔はただの風景でしかなかったこの手の建物は、今は観光資源となってきれいに保たれている。

 

で、こちらにもすぐに着いてしまった。小学生の行動範囲って、こんなものだったのか。

 

それでまたこっちの小学校に通っていたときの通学路を通って、今の実家に帰る。道は全然変わっていなかった。

 

歩道橋も、35年前のままのようだ。

 

珍しく山羊を飼っている家があった。山羊がじっとこちらを見るので、一瞬、フリーズした。

 

実家を出てから25年。変わってしまった部分も少なくないが、思っていたほど、変化のスピードは早くない。学生服を着て自転車で全力疾走通学していた自分の後ろ姿が、まだそこに見える気がした。

 

ずっと住んでいる人からすればアホみたいな話だが、自分の通ってきた道を再確認できて、縄張りをマーキングする犬みたいに何か本能的な欲求を満たした気分。天気も良く、ポカポカしてよい散歩ランであった。■

年間走行距離、走り初め〜初詣〜初日の出

12月31日(日) 曇り一時あられ

今日は風呂の掃除をしなければ。このところ手抜きしていたので、ところどころタイルに湯垢がついてヌルヌルしてカビも出てきている。

ということは、走るのは朝だ。

昨日まで晴れていたが、今日は曇りで気温も10℃に達しないので寒い。

こんなときはアウトラストのシャツを一番下に着て、上に薄手のジャケットを着るのだが、汗をかくので全部洗濯することになり、洗濯物が多くなるので困る。他の人たちはどうしているのだろうか。

 

 

これで12月の走行距離はなんとか100km超えの117.25km。

2017年の年間走行距離は、1377.705km。月平均は114.8kmであった。

 

昼は息子と近所にカツ丼を食べに行ったが、食べている途中で雨が降ってきたと思ったら、よく見たら霰だった。

 

夜は年越しそばを食べながら、紅白を観て、初詣に備えて寝た。

 

昨年同様、大国魂神社に走って行く予定。未明に行くと空いているはずだ。

2018年1月1日(月祝) 晴れ

目覚ましもかけず、時々目を覚ましてウトウトしながら気がつくと5時。早く行かないと大国魂神社が行列になってしまう。

この肝心なときに、耳あてが見つからない。Google天気によれば、気温は0℃ぐらい。結局、耳あてが見つからないまま5時40分になってしまった。ランニングウェアの上にダウンジャケットを重ね着して、手袋をして出る。

気温は意外にもそれほど冷たくなく、手袋は必須だが、耳あてはなくても大丈夫なくらいだった。

大國魂神社の近くに着くと、昨年より遅く着いたからか、明らかに人が多い。

 

それでも並ばずに参拝できた。徒歩や自転車で行ける地元民の特権である。

日の出前に参拝して意味があるのかは知らんけど。

 

さて、家庭の厄除けと子どもたちの学業成就をお祈りして、いざ初日の出を見に多摩川に向かう。

 

東の空が明るくなっている。夜明けは近い。

 

去年は初詣だけをして、帰宅途中に初日の出を迎えたが、住宅街に入ったためにちゃんと見ることができなかった。近くに建物や木のないところにいけば、そこそこ見えると思うが、このあたりでは、多分、多摩川の橋の上とか、あるいは武蔵野の森公園とかなら、それなりに絵になる日の出が観られるのではないか。

 

と思って是政橋に行くと、案の定、結構な人が橋の上に立って日の出を待っている。

 

スマホのカメラだから真っ暗になっているが、多摩サイを走っているひとも結構いる。

 

まだ日の出時刻まで30分ほどあり、じっと立っていたら汗が冷えて凍えてしまうので、稲城大橋まで走ることにした。

 

 

多摩川に向かっている途中は、他にも多摩川に向かう人たちが結構いるのを見て、たかが日の出なのに、と、自分と同じことを考える人がいるのが天邪鬼的にアホくさく思えてきたのだが、

 

やはり日の出を直に見るのはいいものである。

だんだんと明るくなる空、日の出の瞬間に飛び立っていく鳥の群れ、その刻一刻と、生き物たちに強烈なエネルギーを届けるお日様が出て来る瞬間というのは、それだけで生きる希望が湧いてくる。今年もやったるぞ、というパワーがみなぎってくるようだ。

 

とおもって気がついたら、首に巻いていたタオルがなくなっているのに気づいて少しヘコんだ。

 

今年も頑張ります。■

そして冬休みに入った

12月24日(日) 晴れ

走らず。多分、ソリに乗ってました。

 

トナカイが牽いてるヤツ。

12月25日(月)〜28日(木)

仕事三昧。こんなに忙しいのは、久しぶりかも知れない。

 

当然、走らず。しかしそれでも結構歩いているので、同じ市内在住者の97パーセントよりもアクティブでした、とGoogleFitが言っている。

 

 

最近、気付いたこと。12月、出費がかさんで大赤字なので、この数日酒を飲むのを止めていたのだが、不思議なことに、酒をやめるとその分ご飯を1杯多めに食べたくなる反面、買い食い欲求が収まる。お腹の減り方が、耐えられなくてファミチキを買ってしまうほど、ではなくなるのである。家にご飯があるから我慢しようという気になる。

 

27日は忘年会で酔っ払ったが、どうも風邪を引いたようで、28日の仕事納めは静かに部屋の片付けをして、最後の仕事を片付けて、帰宅。咳が出るので走らず。

12月29日(金) 晴れ

午前中、年賀状をやっつけて、午後、一人になったので走った。

まだ咳が出るが、熱もないし、走れば暖まって風邪のウイルスも死ぬでしょ、多分。

 

もちろん、疲労しすぎると風邪が酷くなるだろうから、今日はジョギングにする。

 

お腹が痛くなってもたもたしていたら、でかけるのが15時半になってしまった。日が暮れてしまう。

 

気温は10度ぐらい。日も出ているし、日中は手袋や耳当ては必要ない。

 

ジョギングのつもりで走っていたが、なんかつまらない。後半衝動的にマカウ選手のように走りたくなり、ペースを上げたら、体に火が入ったような感じで、チョコマカとジョギングしていたら味わえないような疾走感が得られ、ランニングの楽しさを再確認した。■